ホルモンの周期と整え方

ウーマン

生理周期

女性ホルモンを増やす上で、女性ホルモンのメカニズムについてしっかり理解しておくことが大切です。女性には生理周期があり、その生理周期に沿って、女性ホルモンが分泌されています。基礎体温でいうと「低温期」と「高温期」があります。低温期は生理中から排卵日までで、高温期が排卵日から生理日までです。そして低温期には卵胞ホルモンが増え、高温期には黄体ホルモンが増えます。ホルモンバランスがちょうどいい状態なら、低温期と高温期が約2週間おきに交互に来ます。しかし、ホルモンのバランスが悪いと、低温期が長くなったり、逆に高温期が長くなったりします。卵胞ホルモンと黄体ホルモンを増やすなら、必ず生理周期に合わせて増やすことが大切です。

いろいろな方法がある

女性ホルモンは医療機関で増やす方法もあれば、自分自身で増やす方法もあります。医療機関ではホルモン補充療法(HRT)が有名です。ホルモン補充療法は更年期障害のオーソドックスな治療法です。卵胞ホルモンの薬や黄体ホルモンの薬を、経口摂取または経皮摂取します。ホルモン補充療法は健康保険が適用されるので、安いと1000円以下でも出来ます。医療機関に抵抗がある人にお勧めなのが、自分で増やす方法です。まずは食生活の乱れを整え、睡眠をしっかり取り、規則正しい生活をすることが大切です。そうすれば女性ホルモンが活性化します。また、ダイエットを止めることや、ストレスを溜めないことも、女性ホルモンの向上に繋がります。

Copyright © 2017 抜け毛対策になる湯シャンの方法|頭皮に優しい洗髪方法 All Rights Reserved.